PTAバザー役員の模擬店でチョコバナナを出品!紙コップ入りも好評

PTA役員

「在籍中に1人一度はやってくださいね~」というルールのPTAにて、いちばん競争率の低いクラス委員を今年引き受けました。

今年ちょうどいい(と噂のある)学年だったので、立候補しちゃいました。

というのも、結構学年によって役員の出番が違うらしくて。

PTA最大の仕事「バザー」の模擬店

毎年開催しているバザーの準備はPTAが主体で行うので、やっぱり仕事が色々あって大変です。

でも、学年委員長(まとめ役)さんや本部役員(上役)さんが仕切りやアドバイスをしてくれたので、私の場合は1回の打ち合わせと各自の買出し、当日のお仕事くらいで済みました。

クラス委員の中から学年ごとに一名選ばれる学年委員長に当たってしまうと、PTA本部との会議や打ち合わせが度々あるので、大変そうに見えました…。

PTA役員の打ち合わせは子連れOK?

働いている人も多いので(そのときのメンバーによりますが)打ち合わせは17時から。

下の子が小さいこともあり、17時前後が夕飯の時間になっている我が家的には、かなり厳しい!なので、パパが仕事を早上がりして、留守番しながら食事やお風呂などの家事子守をやってくれました。

PTAの活動は仕事みたいに給料が出るわけじゃないですけど、子育ての一部だと夫婦二人とも考えているので、協力できてよかったです。

でも、小学生だけの家庭は子連れで来ているところもありました。中学生のいる家庭は逆に、もう少し遅い時間だったらきょうだいで一緒に留守番させられたのに!と言っていました。

家庭の事情によって動きやすい時間帯は本当にバラバラですね。

自分の都合に合わせて融通を利かせたいなら、思い切って学年リーダーになって仕切るのがベストだと思います。

チョコバナナ材料の購入や経理もPTA役員で

これはほとんど学年委員長さんがやってくれました。

個人的には一番大変な部分だと思います。

材料の価格調査をして仕入先を決める。

バナナやチョコスプレーなどの必要な材料をピックアップして、さらに価格や購入方法をリサーチしました。

  • チョコレートなのでクール便配達のお店は多い
  • 商品単価はネットのほうが安い
  • 大量購入しないと送料が割高になってしまう

ネット注文で全て済めば楽なのですが。こんな実際に調べてみると、こんな問題点が。

なので、何箇所か手分けして実店舗を見て回り、LINEグループで報告し合い相談しました。

消耗品をリストアップ・価格調査をする

カップ入りのチョコバナナも作ることになったので、割り箸や紙コップ、持ち帰り用の袋も用意しました。

割り箸は袋に入っていないもののほうが、当日ラクです。また、ある程度割りやすいものでないと、裂けてしまい手間取りました。

紙コップと手提げ袋はサイズ感が通販だとちょっとつかみにくいかもしれません。送料もかかってくるので、用意する数にもよりますが、100円ショップで実物を見ながら買ったほうが安い&確実だと思います。

準備物や予算を書類にまとめて本部に提出

バザー開催の3ヶ月前くらいに、決めた模擬店の内容や準備物、予算などを書類にまとめて本部役員にチェックしてもらいます。

それを見て「ここはこうしたらいいんじゃない?」なんてアドバイスを貰える部分もありました。

全て承認されたら、当日までに買い出しなどを行います。合わせて、調理室をお借りするための手続きや、ボウルなどの調理器具を借りられるのかの確認もしていました。

こういうのって、役割分担できれば…というところなのですが、お金や領収書、各種書類のやり取りなどが生じてしまうので、結局はリーダーが1人でパパっとやっちゃうほうがラクなんですよね。

買出しや交渉のときは学年副委員長さんも同行してたみたいですが、私も含め、他のメンバーはスーパーや100円ショップなどで価格調査をしたくらいでした。

バザー当日の準備やチョコバナナ調理・販売

チョコを湯煎したりバナナの皮をむいたりする手間があるので、他の学年より一時間ほど早く集合して調理室で準備。

毎日使う家庭の台所とは違って、授業のときしか使わない調理室なので茶色の水道水が透明になるまで待ったり、用具を一通り洗い直したりする必要もありました。

みんな嫌々やっているのではなく、楽しく声を掛け合いながら作業できましたよ^^

バナナの準備

バナナは皮をむいたら割り箸を刺すのですが、硬さや形によっては崩れてしまったり、変なところに貫通してしまったりして売り物にならないものも。

そういうのは包丁でカットして、紙コップ売り用のバナナにしました。

チョコの準備

チョコバナナ用のチョコレートを用意したからか、一度湯煎したチョコレートはお湯から上げてもトロトロの状態で、扱いやすかったです。

割り箸に刺さったバナナをくぐらせるだけなので、特に難しいことはなかったかな。

チョコがゆるすぎるとボタボタと垂れてしまうので、ちょうどいい硬さになるまでは大騒ぎでした(笑)

そしてチョコが固まりきる前にチョコスプレーをパラパラ。

みんなチョコやバナナを触った手でベトベトだったので、スプーン必須でした。

用意してなくて慌てて近くの人に声をかけて持ってきてもらったのも思い出になっています。

陳列と販売

販売ディスプレイをしたチョコバナナ

割り箸のチョコバナナは、あらかじめ穴を空けておいた発泡スチロールに刺して陳列しました。

箱型のものと、シート状のものと2種類用意していたのですが、前者は割り箸が貫通してチョコバナナが接地するまで下がってしまうので結局使えませんでした。

なかなかにグラグラした陳列で正直怖かったのですが、時間中倒れたりすることなく終われたので本当に良かったです。

紙コップ入りのチョコバナナも合わせて並べていたのですが、意外なことにこちらのほうが売れ行きが良くて、驚きました!

というのも、保護者と一緒に買いに来ている子は8割くらい?「紙コップの方にしなよー」と声をかけられていたのです(笑)

たしかに私も自分の子供がチョコバナナを買おうとしていたら、落としたりするリスクの低そうな紙コップ版をオススメするな^^;

売る側としても紙コップのほうがラク&安心だったので、予想外のいい結果でした。

チョコバナナ完売後は役員で片付けして解散

おそらく今回のバザーで一番の人気店だったので、売れ行きは絶好調で値下げや客引きは一切しなかったにも関わらず、早々に完売しました。

売り切った後は使った調理器具の片付けと、売り場の撤収

売り場の方はゴミをまとめたり、机を返したりするだけだったので、特筆するようなことはなく。

調理器具の方は、ボウルに冷えて固まった残りのチョコレートがそれなりについていたので、少しだけ手間がかかりました。

というのも、調理室の水道はお湯が出なかったのです!

さらに備え付けの洗剤は油汚れに強くないタイプのもの(でしかも水で薄めてあるような気がしました)…。

そして、排水口にチョコレートをたくさん流してしまうと下水管の中でまた冷えて固まる可能性があるので、まずは新聞紙で拭き取って可燃ごみへ。

その間に鍋でお湯をたくさん沸かして、それを使ってボウルなどのチョコレートがついた調理器具をきれいに洗いました。

役員数人で協力して作業できたのでそこまで大変だったわけではありませんが、自宅のキッチンとは使い勝手が全く違うな~と驚きました。

洗ったものも布巾で拭き上げて棚へ戻しましたしね…我が家は水切りカゴにポイで終わりなので^^;

準備も当日も意外と楽しかったPTA役員バザー♪

さて、事前準備から当日の働きまでを一通り書いてみましたが、どのような印象だったでしょうか。

実際にやってみての感想は「思ってたより大丈夫だった!」です。

先輩ママさんなどから、バザー担当は大変だと言われていたので、もっと戦々恐々としているのかと思っていました(笑)

みんなある程度の家事スキルのある方が集まりますし、テキパキやってスムーズに終わらせよう!という気持ちがあるので、物事の滞りもなかったです。

パパに子どもを任せて自分ひとりで目の前の仕事に集中できるという機会も育児中はなかなかないですしね。

いい気分転換になりました♪

↓フルーツを使ったお家スイーツのレシピはこちらも

秋・冬おやつにオススメ!リンゴや梨がフライパンでタルトケーキに

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました