【子育て】2,3歳からのダイニング・キッズチェアは工夫すると便利&安い!

チェアクッションでご飯を食べる子ども オススメ品の紹介
この記事は約4分で読めます。
 0,1歳の離乳食期って、ベルト付きのベビーチェアに座らせて食事をさせる家庭が多いと思います。
「座って食べるんだよ」と声掛けをしたって、まだ理解できない時期だから選択肢はある程度限られますよね。
では、ある程度言うことがわかるようになって、自我も出てくる2,3歳の子は、どんな椅子で食事をさせていますか?
私はかなり悩んで、四苦八苦しました。

キッズチェアを用意した、上の子達

今は小学生で大人用の椅子に問題なく座っている上の子達ですが、やはり2,3歳の頃は手を焼きました。

まず、椅子に座り続けていない。

食事の途中でもフラリと降りて徘徊し、数分後にまた戻ってきて食べ物をいじる・・・。

 

いつまでも食卓は片付かないし、食べ物は床に散らかるし、手の汚れがそこら中に広がるし、本当にストレスでした。

 

そこで購入したのがこんなキッズチェア。

座面や足置きの高さ調整をしながら、5歳くらいまで使い、下の子にお下がりして3代で使いました!

 

表面は防水?加工してあるから食べこぼしは水拭きできるし、ひどいときはお風呂場に運んでシャワーで洗い流したり(笑)

トータル7年使いましたが、破損もありませんでした。

ちょっとしたデメリットも

キッズチェアに座ってご飯を食べる子ども

ただし、このタイプのキッズチェアは2,3歳の子が自力で座るのは無理です。

なので食事のたびに抱っこして、割と高く持ち上げて座らせ、降ろしてあげる必要があります。

 

腰痛持ちには地味に辛くて、3人目が3歳になる頃に限界を感じました。

 

そして4,5歳の子は身体が利くようになってくるので、足置きと座面をうまく使って自力で登ります。

三角フォルムなので前面から登れば基本的に倒れたりはしませんでしたが、後面から登ろうとしちゃうと、バランスが崩れて危険に感じたことも。

危ないからと言い聞かせてわかってくれるタイプの子なら大丈夫でしょうけれど、好奇心旺盛なやんちゃタイプの子だと、ヒヤリ・ハットにつながるかもしれません。

 

↓こんなバタバタした時間帯で子どもに付きっきりになれないときも不便に感じました

作り置きのススメ!備えあれば憂いなし…夕方の外出は計画的に

いま使ってるのはチェアクッション

子どもの人数が増えて、先に挙げた腰への負担やヒヤリハットのリスクを考えて、今は大人用のダイニングチェアに取り付ける「チェアクッション」を使っています。

 

後ろのバックルはワンアクションで取り外しできるので掃除も片付けもラクだし、大人が座りたいときは避けておけます。

「専用」を準備するとスペース的にも負担が大きいので、助かっています。

 

イラスト系のクッションは色柄のバリエーションが3つありました。

うちは子供それぞれ別のデザインにして、専用化して使っています。

 

シンプルなドットや星柄もあるので、統一しちゃってもいいかもしれないですね。

この辺は好みでいいと思います。

 

耐久性は?

チェアクッションを使ってご飯を食べる子ども

1つ目のチェアクッションは使って2年が経ちますが、まだまだ現役です。

毎日何度も座るものなので流石にプリントは少し褪せてきていますが・・・。

そこまでは気にならない範囲かな。

 

ヘタリは少しだけ。

その分子どもの身長も伸びているから、トントンかな、なんて(笑)

 

キッズチェアのようにお下がりで5年以上使おう!みたいなのはちょっと厳しいかもしれませんが、その分お値段も比較的安いので、一人一つ買ってあげる感じがいいと思います!

 

これから買うならチェアクッションがオススメ

キッズチェアとチェアクッションの両方を使ってみて、我が家はチェアクッションの方が使いやすいと感じています。

もしどちらにしようか悩んでいる方がいれば、まずはチェアクッションからトライしてみることをオススメします!

もし合わなくても、もう少し大きくなってから使える機会があるかもしれませんし^^

 

たまにお邪魔するおじいちゃんおばあちゃんのお家なんかにも、置いてあると嬉しいかも。

車移動なら自宅から持参するのもアリですね(笑)

 

 

お絵かき道具のレビューもしてます

【子育て】子供のお絵かき道具紹介!0,1,2,3歳バージョン

【子育て】おえかき画材のオススメ!小学生まで使える版

ママも子どももストレスなく使えるアイテムを選べるといいですね^^

コメント

SNSフォローボタン

りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました