【子育て】おえかき画材のオススメ!小学生まで使える版

オススメ品の紹介

こんにちわ!編み物好きな4児ママこと

りうな(@manafk_wm)です!

3番目の子が幼稚園へ通うようになってから、自宅でもお絵かきをする機会がグッと増えました。

お友達と描いてきた絵や、クラスみんなで作った作品のおさらいをするのが楽しいようです。

上の小学生の子たちも絵や工作が大好きなので、3人でワチャワチャと毎日のように何か作っています。

しかし、いたずら盛りで何でも口に入れる4番目の子もテーブル下を巡回しているので、また改めて画材のチェックと仕入れをしないとなー、と。

↓低年齢向けのお絵かき道具はこちら

幼稚園、小学生も楽しくお絵かきできて、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えるペンをまとめてみました!

せんたくでキレイカラーペン

まだ筆圧の弱い子がお絵かきや塗り絵をするときは、色の付きやすいサインペンがオススメ。

でもサインペンって、すぐ服や顔、手に付いてしまいますよね…。

水性ペンを選んでも、白い布などはなかなか元通りには戻らなくて、すごくストレスでした。

そんなときにママ友さんからオススメしてもらったのが、こちらのせんたくでキレイカラーペン

「せんたくでキレイ」と商品名に付けてしまえるのも納得できるほど、水でキレイに落ちます!

このペンに出会ってから、我が家のサインペンはこれ一筋です。

小学生でも意外と紙からはみ出したり、ふざけて壁に書いたりするので・・・助かっています(我が家だけ?)

ただし、乳幼児のヨダレでもインクが溶け落ちるという点にご注意くださいね。

ペンだけでなく、作品にヨダレの付いたスタイや手が作品に触れても、滲んで色落ちします。

洗えば落ちるけど、口に入れたりするとちょっとな…と思います。。

くるりら

最近買い足したのが、このペンです!

固めのクーピーみたいな位置づけなのですが、繰り出し式になっていて芯がほとんど折れないという魅力が。

書いたときにカスが出ることもないし、ちょっとくらい小さい子が舐めても溶けません。さすがにかじったら折れるのでそこは要注意ですが…。

テーブルから落とした程度で中の芯が折れたことがありませんが、ふざけて長く繰り出してしまったものを落としたときはアッサリ折れたので、そこも注意。

替え芯がないので、折れたり使い切ったりすると1本丸ごと買い替えになるのがちょっとコスパ悪いかなーなんて思っていたのですが。今回改めて価格を見てみたら、そこまで高価なものでもなかったわー、という印象です。

上の子たちが使っていたくるりらがまだ5本くらい残っているのですが、バラで買い足すよりセットの方が安いので下の子用に購入しました!

クレオロール

くるりらが替え芯なしということで代替品を探していたときに見つけたのが、こちらのクレオロール。

クーピーとクレヨンの中間的な書き心地で、やや柔らかめの芯が特徴です。

キラキラした発色も可愛くて女子受けバツグン。

ただ、柔らかすぎて、筆圧のコントロールができない子は先を潰してしまいます。カスかなり出てきてしまうので、後片付けが大変。

丁度いい強さでかけるようになれば、書きカスはそれほど気にならないです。

テーブルに書いてしまっても、住居用洗剤ですぐに拭き取ればきれいになりました。

クレオロールは早くても年長くらいから。小学生向けの筆記用具かなー、と思います。

黒系の紙にクレオロールで書くと、ペンの色の方が明るくて光沢もあるので、とてもファンシーで可愛いですよ。

大人もPOPづくりなどで使っているので、1セット持っておいてもいいかも。

オススメの文房具教えてください!

子どものお絵かき道具を紹介してみましたが、もっと対象年齢を上げるとフリクションペンやジェルペン、水彩色鉛筆など、様々な文房具がありますよね。

実は美術科卒で色遊びが好きな私。

こんなものがあるよー!オススメだよー!なんて情報がありましたら、ぜひ教えて下さい♪

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする