幼稚園の役員を1年やってみた感想…トラブルなく楽しかった♪

PTA役員

子供の人数が多いので幼稚園通いもかれこれ8年近くなっているりうな(@manafk_wm)です。

今回のテーマは、園や学校に付き物のPTA役員について。

絶対やりたくない!と言う人もいますが、普段お世話になっている幼稚園の力になれたらと、引き受けてみたときの感想をまとめてみました!

これから役員をやる、入園する、という方の参考になれば嬉しいです♪

幼稚園のPTA役員を引き受けたメリット

ネットで検索するとマイナス点ばかりが目につくPTA役員ですが、実際はメリットもありました!

とは言え、内容によって感じ方は変わると思うので、詳しく見ていきましょう。

楽しかった!知り合いも増えた!

まず何より、PTA役員は楽しかったです。

子どもと遊ぶばかりの日々の中で、同じような境遇のママたちと協力しながら仕事をするのは、私にとってリフレッシュでした。

そして、やはり知り合いがドンと増えます

見かけたことはあってもしゃべる機会のなかったママや、普段はバス通なのでほぼ初対面のママなどと仲良くなることができました。

皆さんPTA以外にも育成会など積極的に参加されていて、情報を教えてもらったり、学ばせてもらうことも多かったです。

なかなかできない経験ができた

園行事の裏方を手伝う機会もあるので、例年とは違った視点から楽しむこともできました。

運動会では誰よりも近くで子どもたちの頑張りを見ることができましたし、発表会は舞台裏で緊張する子、フォローする先生の様子に触れることも。

打ち合わせで園に行く機会もあり、参観日では見られない普段の保育の様子もウォッチングしてみたり(笑)

子どもも「ママ次はいつお仕事しに来るの?」なんて聞いてくるほど、嬉しかったようです。

園の先生が優しくなった気がする

最後に、個人的な所感ですが、役員を引き受けると先生方がそれ以前よりも優しく接してくれるようになった気がします!

園に行く機会が増えるので先生とお話する機会も自然と多くなり、その影響もあるのかも?

また、PTA役員は先生の仕事をサポートする役割なので、好印象を持たれやすいのでしょうか。

子どもに関することや、ちょっとした質問も聞きやすくなったので、とても良かったです。

幼稚園PTA役員で大変だったこと

ただし、やはり噂でよく聞くように、PTA役員には大変な部分もあります。

ほぼボランティアでの活動になるので、余計に不満を感じやすいようにも思いました。

下の子を連れての打ち合わせ&作業

園にもよりますが、下の子を連れて役員をするママもいます。

未就園児ですから、何時間も大人しくしていることは当然無理。

大人が打ち合わせをしていてもお構いなしに割り込んできたり、走り回ったりするので、負担に感じる場合もあるかも。

行事の準備で手作業をするときなどは、月齢によっては危険な場合も出てきます。

園も保護者もその辺は理解あるので、作業内容を相談したりしましょう。

実際にやった子連れ対策
  • 遊んで待っていられるようにおもちゃを持ち込む
  • お菓子やおにぎりを持参する
  • グズり対策は抱っこひも
  • お昼寝しちゃうこともあるので布団や毛布があると安心

おもちゃや布団は園で用意してくれることも。

ただ、行事当日は仕事に専念しないといけないので、家族に都合をつけてもらい、下の子はお留守番してもらいました。

平日の日中に時間を作る

仕事をしていると一番ネックになるのが、活動日時についてです。

これは園やPTA会長の都合でも左右されます。

もし会長が月曜日しか集まれない方だったりすると、そこに固定されてしまう可能性も。

また、水曜早帰りの園ではそこに合わせて活動したり、逆に避けたり、方針があるでしょう。

PTA役員は有志の集まりなので全て出席しなければならないということはありませんが、やはり欠席が多すぎると他の方に負担が偏ってしまう場合も。

持ち帰りの仕事を積極的に引き受けるなど、できる範囲で協力姿勢を見せていけるといいかもしれません。

園の意向も伺いながら…

PTAとは、園と保護者が協力して子どものために活動する組織です。

主体は園、保護者、様々ですが、保護者の一存だけでは物事を進められないのは大前提。

場所や設備を園に借りる機会もありますし、園から手伝いを頼まれることもあります。

持ちつ持たれつつの関係を理解し、肝に銘じておくことで、円滑な運営ができるでしょう。

時にはこちらの意にそぐわないことも出てくるかもしれません。

やりたい!だけでは叶わないこともあると、覚えておいてください。

幼稚園のPTA役員をやることになった理由

そもそも、なぜ私がPTA役員を引き受けることになったのか…

経緯や心境を残しておきますね(笑)

園長から直接声をかけられた

クラス役員は毎年懇談会で決まるのですが、私の場合は事前に園長から打診されていました。

というのも、最初は「ねぇねぇ、会長やらない?」というお声掛けだったんです(゜o゜;

それまで一度も役員経験はなかったですし、人前に出るのも得意ではないので、そのときは「副会長ならなんとかなるかもしれないけど、会長は無理ですよ〜!」とお返事しました。

その結果、しばらく経ってから「お母さん!副会長なら引き受けてくれるって言ってたよね!!」とほぼ決定事項で伝えられ(笑)

未就園児がまだいたので厳しい…と断ろうと思ったのですが、他に候補がいなさそうだったので、引き受けました。

私的にはすごく軽い気持ちのタラレバ話で副会長なら、と言ったのに、園長の中ではもうやってくれる!と思われていたので、今後は発言には気をつけよう…と戒めにもなりました(-_-;)

1回くらいはやっておこうかな?という気持ち

子どもがお世話なっているんだから、一回くらいは役員もやっておかないとな、という気持ちはありました。

上の子たちのときは妊娠したりで引き受けられなかったので。

末っ子も入園してからだと、仕事を理由に逃げ腰になっていたかもしれないので、今思うとこのタイミングで引き受けられてベストだったかな、と思います。

現在のPTA役員は?

できる人ができることを、できるときにやるのが理想的なPTAだと思います。

ただ、実際はそうもいかない現実ですよね…。

他のメンバーとの兼ね合いも考えると、2年目も引き受けたらそのまま辞めづらくなるか、会長をやらざるを得ないことになりそうだったので、1年で終わりにしました。

継続しない意思は会長から伝えてもらった

直々のお声掛けだったので、断るのも角が立ちそう…どうしようかな、と悩んでいたら、会長が上手いこと園長へ伝えてくれました。

表向きの理由としては

  • 未就園児が来年もいる
  • ほかにもやりたい活動がある
  • 一部の人だけでなく、保護者みんなで協力し合おう

といった感じになりました。

PTAの雰囲気や会長の人柄にもよりますが、1年で辞めたからといって揉めることはありませんでした。

むしろ、その後も何かと仲良くさせてもらっているので、本当にありがたいです♪

また誘われたらどうしよう?

実は、幼保無償化と値上げ問題の流れで転園したのでこの心配は無くなったのですが…。

末っ子が入園したタイミングでまた役員に誘われたらどうしよう?という悩みもありました。

引き受けてもよかったけど、結局はメンバー次第なところもあるので…。

それが正解だったかは、今となってはもう分からない話です。

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする