「キャラぱふぇ」と「ねーねー」の違いは?小学校1,2年の女子向け雑誌

オススメ品の紹介

こんにちわ。編み物好きな4児ママこと

りうな(@manafk_wm)です!

たくさんの本を読んでほしいな、と思って本屋に足を運ぶのですが…。

子どもって、まず先に足が止まるのはやっぱり雑誌コーナーじゃないですか?スーパーでもお菓子より雑誌コーナーが大好きなうちの子たちです^^;

中でも今回は、小学生の女子が1年生・2年生の頃に大好きだった子供向け雑誌についてをちょっと懐かしみながら書いてみます!

たくさんお世話になっていた雑誌なのに、学年が上がった途端、もう読まない!となってしまったので私の方が名残惜しいくらい。

下の子も、小学校に入ったらまた同じ雑誌を買うのかな??

スーパーで見つけて、ネットで買う

ネットで購入ボタンを押す

我が家のよく行くスーパーでは、レジコーナーの奥に雑誌ラックが設けてあります。

なので、子連れでレジに並んでいると、暇を持て余した子どもは自然とキャラクターの描かれた雑誌が並ぶレジ奥に吸い込まれていきます(笑)

そしてレジの順番がちょうど回ってきた辺りで、親に「この本買って~」と言いに来るんですよね。

流石に毎回は買えませんが、ちょっと習い事を頑張っていた時や、連休前などは甘やかしかな、と思いつつ「どうしようかな~」なんて悩むことも。

でも大体その場では買わずに、一度帰宅してネットでその時販売されている女の子向け雑誌を一通りチェックしてました。

どれにするか一緒にパソコンを見ている時間も、楽しいものです。店頭には出ていなかった雑誌を発見することもありますよ。

Amazonだとほぼ翌日に届くし、親が好きなタイミングで子どもに手渡せるのがいいと思います。

スーパーで買っちゃうと、帰宅の道中で開け始めちゃったり、宿題やら片付けやら先にやるべきことをやらずに雑誌タイムになっちゃったりするので…。

長期休暇中のお家遊びアイディア

経済的な粘土遊びは長年、ヘビロテ中です!

「キャラぱふぇ」たくさんのキャラクターが読める!

キャラぱふぇはすみっコぐらしが表紙に大きく描かれていることが多いですが、雑誌の中身はいろんなキャラクターの情報やイラスト、漫画などがまんべんなく収録されています。

小学校低学年のうちはまだ特定のお気に入りのキャラクターが定まっていない子が多いんじゃないいかな。

さらに、お友達との話の中で知っているキャラが多いほど盛り上がれるので、特定のキャラしか登場しないファンブックとかよりも、外さないと思います。

付録は高クオリティ雑貨

幼稚園児向けの「めばえ」「たのしい幼稚園」「ぷっちぐみ」などについている付録って、1ヶ月ももたずに壊れてしまったり、飽きてしまったりしませんでしたか?


キャラぱふぇの付録は、同価格帯とは思えないくらいしっかりとした作り&ギミックで、大人も欲しいと思っちゃうようなものも度々ありました。

うちの子が気に入ったキャラぱふぇ付録
  • ロック付きの小物入れ
  • カラフルなおえかきペン
  • 何度も書いて消せるお絵かきボード

どれも小学生の女の子に人気の「すみっコぐらし」のアイテムだし、とても大切にしているようです^^

「ねーねー」シールやポストカードなどが充実!

雑貨系の付録がついていないキャラクター系雑誌なら、「ねーねー」がオススメ。

なんかこのタイトルも「姉ね(ねえね)」的な響きで小学生女子のお姉さん心をくすぐるようで、気に入ってました。

どっちかっていうと、子どもが欲しいって言うより、親が買ってあげたくなる感じの雑誌かな?うちだけ??

載っているキャラクターは落ち着いた感じのテイストです。

やはり人気の「すみっコぐらし」をはじめに、みんなが知ってる感じのメジャーなキャラクターや、ニッチな感じの知らなかったキャラクターまで様々。大人が読んでも楽しいです

付録はステーショナリーグッズ中心

お友達に手紙を書いたり、何やら落書きしたり、小学生女子のステーショナリー事情って結構激しくないですか?

レターセットなんて買ってもあっという間になくなっちゃうし、キャラクターものはお高いし。

そんな親の悩みに答えてくれるのが、ねーねーの付録です(笑)

  • 何種類かの絵柄で便箋や封筒がセット
  • いろんなキャラクターのミニメモ

実用性の高いアイテムが多いです。

そして使ったらなくなるので、雑誌を買うたびに付録が増えて部屋がゴチャつく!なんて心配も不要。

雑貨系の付録も、実用的なものが中心でした。

  • ミニサイズのポーチ
  • キャラクター柄の鉛筆やペン

まだあんまり自分の文房具を持っていない小学生低学年の女の子には、特に喜ばれるのではないでしょうか^^

子ども向け雑誌の「買い時」

財布のイラスト

実は…というか、もうすでに気づいているママも少なくはないかもしれませんが、子供向け雑誌の多くは夏休みや冬休みの長期休暇シーズン前に発売される号は普段の雑誌よりもボリュームアップしているんです。

親としても、暇を持て余してしまいがちな学校がお休みの日に、紙ベースの雑誌を読んでいてくれると何かと助かる&安心ですよね。

テレビやゲーム、スマホばっかり見ていられるとなんだかソワソワしてしまって…。

連休の過ごし方に悩んだら、キャラクター雑誌を1冊買ってみるのはいかがでしょうか^^

卒業しても本棚へ…

学年が上がったら自然とキャラクター系の雑誌は買わなくなり、「ちゃお」がお気に入りになった娘。

ですが、今回振り返ってみてやっぱり懐かしかったです^^

ボロボロになるまで読んだ「きゃらぱふぇ」や「ねーねー」も未だに娘の本棚に入っています。

漫画本のように毎月買わされる心配も少ないので、気軽に買えるという良さも。

お絵かき道具も年齢ごとにオススメが!

是非参考にしてみてください♪

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする