【断捨離VS子育て】視点を変えると不用品もお宝になる?

小学生

こんにちは。定期的に断捨離ブームがやってきて、キッチンやクローゼットの整理整頓をする

りうな(@manafk_wm)です!

今回は、あるものを溜めてみた話を書こうかと思います。

「あるもの」とはさて、なんでしょう!?

ムーミンのシール

答えはこちら。

行きつけのスーパーで配っていた、ポイントシールです!

本来の使い道は…

購入金額に応じてもらえるこのシールを、一定の枚数集めると食器が安く購入できます。

このときはムーミンのお皿だったので、シールもムーミン。

そのほか、ブランドロゴのときなどもありました。

割引されても高い

ムーミンのお皿やカップ、すごくかわいくてほしくなっちゃうんだけど…。

割引キャンペーンを利用しても、手が届かないお値段だったんです。

なので、シールは不要

何も考えず受け取ってしまうと、財布の中はすぐパンパンになってしまいますよね。

悩むこともなく、配られるシールをいらないですと断っていました。

子どもと買い物へ行くと…

ある日、子どもたちを連れて買い物に行ったら

「そのシールかわいいから貰って!ちょうだい!」

と言われました。

なんていうか、ガツーンとやられた感じで。

私にとっては不要なものでも、子どもから見たら立派な「可愛いイラストのシール」だったんです。

確かに、自分が子どものころを思い返してみると…ツルツルした石とか、歯医者でもらったシールとか、大切に集めてました。

何に使ったかは全く思い出せないんですけど(笑)

トイトレ用シールになりました!

下の子がトイトレ中だったので、ご褒美シールにしよう!とアイディアが出ました。

そのおかげか、無事に幼稚園入園前にオムツ外れ完了!

次は末っ子のオムツ外しです。


また手ごろなシールが手に入るといいな~と思ったんですが、そううまくはいかないですね。

今回は100円ショップでいい感じの丸シールが売っていたので、活用しています。

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする