【トイトレ】座るけど出ない2歳…ついにトイレで初おしっこ成功!

トレーニングパンツ 2才児

上にきょうだいがいるからか、おまるを乗せて便座に座ることは早いうちから抵抗がなかった我が家の2才児。むしろ大好きなくらいで、しょっちゅう自分でオムツとズボンを脱いで「といれ~!」と叫んでいます(笑)

 

でも、排尿感がわからないのか?累計100回くらい座ってはいるものの、一度もおしっこが出たことはなかったんです。まぁ、そのうちできるようになるでしょ、とのんびり構えていたのですが、先日急に成功したので忘れないうちに記録しておきます。

 

自分で脱いでオムツも用意していた

ケースに入ったオムツ

お昼寝が終わってまったりタイムを過ごしていたある日。黙々と一人遊びをしていた2歳児が、ふとオムツを持って下半身すっぽんぽんで現れました(笑)

 

まだ寒い季節なので半裸状態の我が子にびっくりしつつも、オムツを変えてほしかったのかな?と思い、一緒に履く?と声掛け。しかし、2歳児は「イヤイヤ」の仕草。ここで無理強いしても絶対言うことは聞いてくれないので、どうしたいの?と聞いてみました。そして返事は「トイレ~!」

 

もともとトイレに座るのが好きな子なので、内心またか…と思いつつ、重い腰を上げてトイレへ向かいました。

みんなでお祝いしてシールもペタリ

トイレに座る子ども

いつもならぺたんと便座に座って、「し~し~」と言ったらトイレットペーパーでお股を拭いてポイしたら水を流して終了。なのですが、この日は初めて、座った瞬間におしっこが出ました!

 

本人も得意げな表情で、「し~し~」と。上の子達も在宅していたので、みんなに報告しておめでとう!の声掛けと拍手でお祝いです^^

 

さらに、幼稚園児のうんち用に準備してあるトイレシールもペタリ。専用のシールや表も売っていますが、我が家は100均でシールを調達して、シール表は手書きしたり、ネットでフリーのものを印刷させてもらったりしています。

 

↓スーパーで配っていたシールを活用したことも
【子育て】子供と私の視点が違うことに気づいた話

その後のトイトレは…?

トイレと補助便座

トイレで初おしっこの後はコツを掴んで順調にトイトレが進むかと思いきや、全くです(笑)初成功の日はそれ以降、何度かトイレに座りますが一滴も出ません。

 

翌日は朝起きてから自分でオムツを脱いで、リビングのフローリングでおしっこ。バタバタしていたので目を離していて、排尿感があって脱いだのか、たまたま脱いだら出たのかはよくわかりません^^;

 

とりあえずまだ寒いので、もう少し暖かくなってきたらトレーニングパンツを買ってあげようかな。

 

いつかできる!焦らないのがコツ

一度トイレでおしっこができたら、次も!と焦ってしまいがちですが、ここで無理をするとこじらせます(経験談)

 

大人も子どももストレス負荷がかかり、イライラしたり心身の不調が出てきてしまったりするので、一呼吸置いてみましょう。

 

↓おしっこ成功後の進捗はこちら

2歳児のなかなか進まないトイレトレーニング…タイミングでうんち成功♪

 

トイレトレーニングの失敗談…

恥ずかしい女の子

上の子のとき、「2歳のうちにオムツを外したい」と目標を立てて、大人のペースでトイトレを実行してしまいました。その結果、神経質&しつこい対応になってしまい、「パンツやだ、オムツがいい」と言うように…。

 

起きてから寝るまでパンツで過ごしてくれるようになったのは入園してからでした^^;

 

子どものペースに合わせるのがベスト

本人がやる気になっているならいいのですが、そうでないのにしつこくトイレ行こうと誘ったり、おしっこが出るまで座ってみようと声掛けしたりすると、遅かれ早かれトイレが嫌なもの、面倒なものになっていきます

 

なので、あくまでもトイレトレーニングは子どものペースに任せましょう。焦れったく感じるかもしれませんが、結局はこれが一番の近道だと思います。

 

数年前に先輩ママに言われてから肝に銘じているのが「小学生入学のときオムツしている子はいないから大丈夫だよ!」という言葉です。(ハンディキャップなどを抱えている子は除く)

 

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました