2歳児のなかなか進まないトイレトレーニング…タイミングでうんち成功♪

トイレトレーニング中 2才児
この記事は約4分で読めます。

先日トイレでおしっこに成功した2歳の末っ子ですが…

【トイトレ】座るけど出ない2歳…ついにトイレで初おしっこ成功!

このあと一度もおしっこ成功していません!進まない!

 

そんな中で今度はトイレでうんちに2度成功したので、記録しておきます♪

 

うんちのタイミングは食後が多い!?

ごちそうさま

トイレトレーニング成功のコツとポイントは「タイミング」です。こどもの場合は特に、食べるとともに出るという子も多いはず…。

 

なのでトイトレのテクニックを調べると、食前・食後に連れていくという項目は良く挙げられているんですね。

 

食事中にトイレへ行きたくなる子も

3番目の子はオムツを履いている頃から、食事中にうんちをすることがとても多かったです。そしてそれはトイレトレーニングが終わってからも変わらず、毎食必ず「おしっこ~」「うんち~」と言うように。

 

家にいるときは、仕方ないと思って連れて行ってたのですが、幼稚園に入ってからは先生にとても申し訳なかったです…。

 

2,3歳になったら「食事中はトイレにいかないように」としつけたほうがいいのでしょうか?我が子は4歳になってから、落ち着きました。

表情でうんちのタイミングが分かりやすい

いきむ表情の猫

トイレトレーニング成功にはタイミングが大事と言われても、そのタイミングがわからないから進まないんだよ!というのが現場の声ですよね^^;

 

ただ、うんちの場合はある程度いきむ表情やポーズを取るので、食後や寝起きなどに気をつけて観察しているとお目にかかりやすいと思います!

 

今回のうんち成功も「食後に末っ子の姿が見えないなー、あっ、階段でいきんでる!」という流れでした。

おしっこのタイミング&シグナルは難しい

子どもによってタイミングもシグナルも様々ですが、匂いがしにくいおしっこは特に見つけるのが難しいです。

  • 急に立ち止まる
  • オムツやお尻を触る
  • 部屋のスミ(定位置)に移動
  • 中腰になる

などが3人のトイトレで見つけた分かりやすいシグナルですかね…。微妙すぎて空振りすることもあって、結局は夏場にパンツorノーパン作戦がラクで確実です。

うんちが出るまでトイレで5分

トイレに座る子ども

うんちに成功したときは、前述したように階段でいきんでいるところを抱っこでトイレに連れて行ったのですが。そのままスルンとうんちが出るわけではなく、一度引っ込んでしまったようなので5分ほどトイレに座っていました。

 

近くにママもいたほうが安心するだろうから、付きっきりで。声掛けはうんちには固執せず、おまるについているキャラクターの話などもしながら、うんちが降りてくるのを待っていました(笑)

 

うんち成功したらみんなで喜んで!

無事にトイレでうんちを出せたら、2歳の子ども自身もとても嬉しそうな表情をしていました。私もニコニコしながら「おめでとう」「すごいね」「がんばったね」と声掛け。

 

上の子達やパパが帰宅してからも報告して、みんなに「すごーい!」「えらーい!」と褒めてもらっていましたよ♪

2回目のうんち成功もやっぱり食後

お祝い

この流れで続けてうんちに成功するとベストなのですが、まだ2歳だし、ズボラ育児なのでなかなかそうもいかず…。でも、3日後に2回目のトイレでうんちが成功しました♪

 

このときもリビングでいきんでいるところを発見して抱っこで移動。何回か繰り返していると、あっ、このタイミングでママに言えば連れて行ってもらえるんだ、と学んでくれるはずです。

 

うんちのあとにおしっこが出ることも

大人もそうかもしれませんが、うんちのあとって自然とおしっこも出ませんか?子どももこの傾向があるらしく、おしっこの感覚を掴めていないうちの子も、うんちをトイレですることでおしっこ慣れしてくれないかな~と微かに期待しています!

 

とはいえ、トイレトレーニングに期待は禁物です…。子どもやママにとってプレッシャーになってしまうと、負のスパイラルに陥るのでお気をつけてくださいね。

コメント

SNSフォローボタン

りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました