クラウドワークスは子育てママでも安心して「在宅ワーク」できる!

ウサギのアイコン用写真 お仕事のこと

子供を育てながら収入を得ようと思ったら、保育園に子供を預けないと何も始まらないですよね。しかし現実は、仕事がないと保育園には入れないという地域があるという事実も。

 

私、りうなの住んでいる自治体もよくある感じのごく一般的な地方都市なのですが、保育園の数が絶対的に足りていないようで、育休中でも保育園に落ちる人が続出しています。

 

同級生やママ友からも相談や愚痴を何十人もから聞いており、数年経っても状況は変わっていません…。

 

子育て時間も大切だけど、仕事もしたいなら在宅ワーク

保育園に預けてフルタイムの仕事をしてしまうと、どうしても子供と過ごせる時間のほうが、勤務時間よりも短くなってしまいます。子供と親が過ごす時間が短いことが、愛情不足などに直結するわけではないと言われているので気に病む必要は無いと思いますが。

 

でも、自分が専業主婦の母に育てられた影響もあり、保育園に預けてバリバリ働くことには正直抵抗がありました。自分が「子育てと仕事をきちんと両立できるのか?」という不安もとても大きかったです。

 

なのでまず、我が家の場合は夫が在宅している時間に外でバイトをして収入を得る、という選択肢を取りました。

 

短時間の軽いバイトを始めてみた

とはいっても、夜から朝までのフル夜勤なんてしてたら日中の家事育児ができなくなってしまうので、週3,4日の2~3時間シフトでスタート。でも、この程度のシフトでも実際働き続けてみると睡眠不足や身体の疲れをかなり感じました。

 

短時間シフトにも関わらず、フルタイムの人と同じように毎月更新されるマニュアルを全て把握しなくてはいけないことにしんどさを感じ始めるようになりました。勤務時間に対しての仕事量も多く、スキル不足の私ではこなしきれず、次のシフトの人に頭を下げる日も多かったり。

 

そんなこんなで、子供が幼稚園に入るタイミングで送迎の時間などを理由にして退職しました。もっと働きやすい職場だったら、時間を調整してもらったりして続けてたんだろうな。でも気持ち的にも体力的にもストレスいっぱいだったので、サクっとやめちゃいました(笑)

 

そしてその後、育児をしながらでも始められる在宅の仕事はないかな?と模索しはじめます。

過去の在宅ワーク経験からクラウドワークスへ

実は今から10年ほど前にも、パソコンでできる小遣い稼ぎは無いかなと探して、「アンケートモニター」や「ブログライティング」のサイトを利用していました。

 

アンケートモニター

主婦の小遣い稼ぎといった感じで、時給に換算したら200円にもならない単価でした。さらに、募集が不定期&少なく、高報酬のアンケートを受けるには事前審査も通さないといけないので、安定的に収入を得るのは難しいというデメリットも。

 

ブログライティング

書いたら書いた分稼げるというメリットがあり、やりがいも感じられて楽しく仕事ができた記憶があります。小学生のころ、「さくぶんじょうずで賞」を取ったこともあるくらい、文章を書くことは好きなので、自分にはまさに天職。

 

なのでまたブログライティングをしたいな、と思っていろいろ調べてみたところ、たどり着いたのが「クラウドソーシング」というワークスタイルだったんです。

 

子育てママ・在宅OK!投資ゼロでクラウドワークス

クラウドソーシングとはアメリカで発祥したフリーランス向けのシステムで、オンラインで発注者と受注者が直接やりとりをしながら仕事を進めるという点が、特徴的です。

 

メルカリやラクマなどのフリマアプリのように、募集・契約・納品・支払いを中継ぎしてくれるサイト(クラウドワークスなど)があるので、そこに登録してクライアントを探します。

 

登録時には一切費用がかからないので初期投資はゼロ。ただし、システム利用料として仕事の報酬から1、2割が自動的に差し引かれる仕組みです。

 

まず、請け負う仕事が決まったらお互いにサイトと通じて契約を結び、同意が取れたら発注者が一度クラウドワークスに支払いを行います。

 

次に、仕事ができたらクライアントへ成果物を納品し、チェックしてもらい検収OKが出たらクラウドワークスから受注者にシステム料を引いた金額が割り当てられます。

 

後日、振込申請を行うとまとめて希望の銀行口座に入金されるところまで、メルカリなどのフリマアプリとソックリです。なので、フリマアプリを利用したことのある方は意外とスムーズに始められるかもしれませんよ^^

クラウドワークスのはじめ方

スタートは匿名でも十分。支払いや個人情報の入力なしで作業開始が可能です。私もかれこれ7年ほど、「りうな」のペンネームだけでライターとして活動しています。顔写真を求められる機会もなく、アイコンはお気に入りのウサギの写真を利用。

 

もし「もっとたくさん仕事をしたいな」と思ったらクラウドワークスのサイトに住所や本名を登録して「本人確認」を済ませておくと、請け負える仕事が増えるようです。ただ、この個人情報はクラウドワークスには登録しますがクライアントには見えないので、安心安全なものです。

 

初期段階で最低限必要になるものはメールアドレスだけです。メールアドレスは仕事用とプライベート用を分けたほうがいいかな?と思いはじめに新しく作成しましたが、チェック忘れがあったりするので今は統一してしまいました^^;

 

一つのメールアドレスを共用しても特に不便は感じないので、好きな方で大丈夫だと思います。

 

子育てママでもできる「在宅ウェブライター」の仕事って?

ウェブ媒体であるブログやホームページに載せるための記事をテーマやキーワードに合わせて書いていくだけのお仕事です。なので、文章を書くのが好きな人にとっては意外と簡単な仕事だと思います。

 

↓【りうなサンプル記事】こんな文章を書いています

「ダイエットと代謝の関係」「足のむくみの原因について」サンプル記事

「リライトの定義やテクニックと契約時の注意点」サンプル記事

 

クラウドワークスの「プロジェクト形式」

たくさんの仕事が公開されているので、気になるものを見つけたらメッセージを添えて応募すると数日中に返事がもらえ、仕事につながっていきます。プロジェクト形式は質問や要望、継続での依頼なども気軽にできるので、ある程度まとまった作業時間を作れる人にピッタリです。

 

私の場合は1日1時間しか作業できない日もありますが、量と内容に気をつければ十分働けています^^

 

クラウドワークスの「タスク形式」

専用の作業画面に文章を打ち込んで納品ボタンを押したら発注者が合否判定するものです。タスク形式は発注者とメッセージのやりとりをすることは基本的に無いので、初心者さんでも始めやすいと思います。

 

私もはじめのうちはタスク形式を中心に経験を積みました。ただし、フィードバック(記事への感想など)をもらえる機会がないので、ステップアップなどにつなげるのは難しいかもしれません。

 

在宅のウェブライターで稼げるようになるには?

報酬額は仕事によって本当にバラバラなので、慣れてきたら予算や目標を決めて探してみることで、徐々に安定して稼げるようになりました。

 

子供が幼稚園に行っている間だけとか、寝かしつけをした後の時間に少しだけとか、自分の都合で融通を利かせられるので子育てと仕事を両立したい私にはぴったりの働き方でした。

 

バイトやパートだと通勤時間が勿体無かったり、その場の空気を読んで少しだけ時間延びたりするのが苦手という人にもオススメです(私のことです)ただ、ある程度の責任感がないと納期に間に合わない、内容が悪くて次につながらない、という場合もあるようです。

 

スキル不足については指導やマニュアルで対応してくれる発注者さんもいますが、納期が守れない人は厳しいかも。子どもの体調不良などで遅れそうな場合は、早めに伝えるのが吉です。

 

未経験の子育てママも始めやすいサグーワークス

クラウドワークスで言うところの「タスク形式」に絞ってあるのがサグーワークスです。昔のブログライティングに近い雰囲気があると思います。

 

納品した記事の審査はサグーワークスと発注者のダブルチェックかな?レギュレーション(注意事項)が細かくてチェックもしっかりするので、よく読んでから書かないと内容がよくても落とされちゃったりします。

 

発注者とメールやチャットでやり取りするのは苦手だなー、という人は、サグーワークスだと、安定して記事だけひたすら書けるのでオススメです。

 

子育てとの両立を目指してクラウドワークス1本に

クラウドソーシングのサイトは日本だと今は大小合わせて5箇所くらいですかね?そして、私の利用しているクラウドワークスと並んで大手と言われているのが、ランサーズです。

 

より多くの仕事を引き受けたいなら複数のクラウドソーシングサービスに登録して、同時進行で募集を見ていくべきです。でも、子育てと両立しながらスキマ時間で作業していくなら、無理にたくさん登録する必要はないと思います。

 

なぜなら、それぞれのサイトで受けた仕事の実績は共有できないのに、クライアントはある程度実績のあるワーカーを求めているからです。

 

納期やメールの管理も複数個所に分かれていると、うっかりミスが生じやすくなります。1日数時間程度の作業になるのであれば、クラウドワークスかランサーズのどちらかだけで十分なボリュームのお仕事が見つけられますよ。

 

ブログを書くのが好きな方や、子育てなどが理由で外に働きに出るのは難しいけど収入が欲しい、という方はチャレンジしてみてはいかがですか^^

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました