「ダイエットと代謝の関係」「足のむくみの原因について」サンプル記事

サンプル記事

webライターとしても活動しているりうな(@manafk_wm)です。ライティングのお仕事では、職歴やライターとしての実績よりも、実際どんな文章を書けるのかを見せてほしいと言われる機会が多くあります。

その度に発注者様に個別でこちらの文章をお渡ししてもいいのですが、できればお声掛けをいただく前にこちらの情報も持っておいてもらえると、お互いスムーズかなーなどと思って、今までは専用のブログにサンプル記事や自己紹介を載せていました。

ただ、仕事や家事育児に追われる中で、そのブログの管理までするのは難しくて。ここ数年は放ったらかしになっていました^^;

そこで今回はこの趣味ブログと合併してしまおう!!ということで、サンプル記事のお引越しを始めてみました。メインコンテンツにしたい編み物の記事がさらに追いやられてしまいそうな気もしますが…。雑多ブログということで、よろしくお願いします^^;

↓以下サンプル記事1


ダイエットと代謝の関係 (サンプル400字)

ダイエットを効率よく行うためには、代謝の向上が欠かせません。しかし、一口に代謝と言っても、実際にはさまざまな種類があります。そこで今回は、ダイエッターなら知っておきたい代謝の仕組みとダイエットとの関係を、簡潔にまとめてみました。

代謝とは?

代謝は大きく分けると、エネルギーを利用して身体の組織を作る「同化作用」と身体を動かすために消費する「異化作用」の2種類があります。
そして、この2つのなかでダイエットに深く関わるのは、異化作用です。
さらに異化作用も詳しくは3つの働きに分けられますので、以下で紹介していきます。

1.基礎代謝

内臓などを動かすために寝ている間も消費される代謝で、代謝全体の7割を占めています。

2.生活活動代謝

歩いたり、運動したりといった、日常生活の動きで消費される代謝です。行動の量に応じた個人差があります。

3.食事誘導性体熱生産

食べたものを消化・吸収するときに熱エネルギーとして消費される代謝です。

「異化作用」の代謝がダイエットのカギ!

わざわざ運動などをしなくてもエネルギー消費をしてくれる異化作用の3つを高めると、効率の良いダイエットにつながります。なかでも特に、代謝全体の半分以上を占める「基礎代謝」は優先して抑えておきたいところです!


↑以上サンプル記事1

↓以下サンプル記事2


足のむくみの原因について (サンプル400字)

むくみは、血液のように体内を循環している「水分」が上手く流れずに足や指などに溜まってしまうことで発生します。水分の循環がうまく行われない理由は、いくつか考えられます。

長時間の立ちっぱなし

重力の関係で血液が足元に溜まってしまい、それによって水分も足元に滞りがちになります。

運動不足

血流をうながす役割を持っている筋肉が、衰えたり、使われなかったりすることで起こるむくみです。血液の循環が悪くなるのでむくみだけでなく、冷えも同時に引き起ります。

塩分や水分の取りすぎ

食事の塩分量が多いと、血液中の塩分濃度を下げるために水分が過剰に分泌され、むくみます。また、水分の取りすぎでも自然と、血液中の水分量が増加してしまいます。

下肢静脈瘤

静脈弁が正常に働かず血液が逆流してしまう病気です。むくみだけでなく、肌色が悪くなる、かゆみや湿疹が出る、といった症状も合わせて現れます。

肝臓の疲弊

肝臓で生成されるアルブミンという物質が血管内の水分保持を助けてくれるのですが、肝臓の疲弊で十分な量が作れないと、むくみの原因となることがあります。

腎臓の不調

尿を作り出す腎臓のが正常に働かないと、体内の水分が排出しきれずに身体がむくむ場合があります。


↑サンプル記事2ここまで

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする