「リライトの定義やテクニックと契約時の注意点」サンプル記事

サンプル記事
この記事は約2分で読めます。

りうな(@manafk_wm)名義で活動しているウェブライター業は現在全てクラウドワークスを通して受注しています。素人でも、主婦でも、子持ちでも、地方でも、気軽に本格的な仕事を請け負うことができるのがクラウドソーシングの魅力だと思います。

クラウドワークスは子育てママでも安心して「在宅ワーク」できる!

今回は、発注者様向けに用意しているサンプルライティングの記事を投稿してみます。

↓以下サンプル記事


リライトの定義やテクニックと契約時の注意点

キーボートを打つ女性の手

第三者が書いた文章を再構築し書き直すことをリライトと言います。しかし、リライトと一言で表してもその中身は、様々なものがあります。ライターとして押さえておきたいリライトのテクニックや、受注時のトラブルを避けるための注意点をまとめてみました。

リライトにもいろいろなランクがある

元の文章をどの程度残すのかで、リライトのレベルが変わります。変えれば変えるほど難易度は高く、作業時間も多く必要です。また、作業単価も上がります。

既成文章から単語の順番を入れ替え、新しい文章に見せる

今日の夕飯はカレーを食べました → カレーを今日の夕飯に食べました

既成文章の単語を置き換え、新しい文章に見せる

久々に友達と遊んできました → 久しぶりに友人と楽しんできました

上記二つのテクニックを組み合わせてリライト

冬物が安くなっていたので買ってきました → ディスカウントセールで冬用アイテムをゲット!

どうですか?
雰囲気が少しは伝わりましたでしょうか。

最近の「リライト案件」事情

「リライト募集」という案件ではこの程度のスキルで十分だと、5年ほど前は言われていました。実際に、多くのお仕事で作業承認をいただいた過去があります。

しかし、最近はGoogleのSEOに関するアルゴリズムが高精度になってきたため、単語の入れ替え程度はほぼNGです。後半のテクニックでも多用しすぎると危ないかもしれません。

リライトはライティングというよりは言葉遊びのような内容なので、その分単価も低く設定されている傾向が強めです。しかし、前述の通り、単純なリライトだけではクオリティ不足と見られてしまうことも増えてきており、「ソース(情報元)指定のライティング」を「リライト」と表す発注者が目立っています。

リライトカテゴリの単価で、中身はライティングと同等のものを求めるクライアントも見受けられます。契約や作業前に求められている水準をしっかりと確認しましょう。


↑ここまでサンプル記事

コメント

SNSフォローボタン

りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました