自宅でできる!「電動脱毛器について」のサンプル記事

サンプル記事
この記事は約7分で読めます。

クラウドワークスにてwebライターとしても活動しているりうな(@manafk)です。活動歴は7,8年になるのですが、サンプル記事はなかなか書く機会が作れていないので、今回は過去のものをリライトしてみました。

サロン脱毛の記事を書く機会が多かったときに、家庭でもできる脱毛方法を探してまとめた情報です!育児中の方や仕事が忙しい方にもお勧めの方法ですよ。

↓サンプル記事はここから


家庭用の電動脱毛器でツルスベ肌に!使い方やコツ・デメリットは?

女性の肌に関する悩みの一つであるムダ毛のお手入れ方法には、とても多くの種類があります。例えば「シェービング」は初心者にもお勧めの失敗しにくい方法ですし、「レーザー脱毛」は高い効果の得られる確実な方法です。

ニーズに合わせて豊富な脱毛方法がある中で、今回は自宅で手軽に脱毛ができる「電動脱毛器」について説明していきます。

家庭用の電動脱毛器とは?

一般的に電動脱毛器とは、パナソニック製の「ソイエ」やブラウン製の「シルク・エピル」といった、ヘッドや刃が電動で回転・振動するタイプのものを指します。

これらの脱毛器は、電動で回転する刃が毛をつまみ引き抜くことで脱毛効果を得るものです。大きな機械や面倒な準備をしなくても、手軽に自宅で脱毛できるという点が最大の特徴となっています。

引き抜くときに痛みを感じるという口コミもあり使い勝手には個人差がありますが、使用前後のケアを正しく行えば改善されることも多いですよ。

モーターを回して動くので動作音はやや大きめ

大きめのヘッドが動くため、電動のシェーバーやひげ剃りよりやや大きいくらいの音が生じます。ただし、周りの音が全く聞こえなくなるような音ではないので、集合住宅でも安心して使うことが可能です。

家庭環境によっては家族や同居人に迷惑をかけないよう、時間や場所を考慮する必要も出てくるかもしれません。使う前に一言声をかけてみるといいですね。

電動脱毛器と他の脱毛器の違い

ここ数年注目を集めているフラッシュや熱を用いた家庭用脱毛器電動脱毛器原理の全く異なるものです。この2つで大きく変わる点は、使用してから脱毛効果が得られるまでの期間になります。また、価格も電動脱毛器のほうが約半額程度になっており、経済的な負担も違います。

もう一つ知っておいてもらいたいのが、それぞれの歴史や実績についてです。電動脱毛器は既に10年以上の歴史持っており、長きに渡り改良を重ね、多くの人に信頼されています。それに対してフラッシュや熱を利用した脱毛器は歴史が浅く、使用実績も少なめです。

また、電動脱毛器は幾度となく改良を繰り返していることで、より肌への負担を軽減できようようになっています。脱毛時に皮膚を押さえる肌ガードの高性能化や、脱毛前に毛穴をほぐすためのマッサージ機能を備えた製品なども登場しているんですよ。

防水やシェービング、美容ケアなどの機能も!

電動脱毛器には、浴室で使用できる防水タイプ、口元や指などの細かいパーツに対応したアタッチメント、角質ケアやシェービングも行えるマルチタイプなど、ユーザーのニーズに合わせて豊富なラインナップが揃っています。

この点も、脱毛ビギナーからベテランまで多くの人にお勧めできるポイントの一つです。

電動脱毛器を使用する際の注意点

どんな脱毛法にも言えることですが、本来生えているべき毛を抜くという作業にはそれなりの負担がかかります。特に電動脱毛器の場合は、毛を引き抜く作業の際に毛穴を痛めてしまうリスクが高いです。

毛穴を痛めてしまうとそこから細菌に感染し腫れや出来物といった症状が表れることも。もし脱毛直後はトラブルが起こらなかったとしても、目に見えないような小さなダメージは蓄積し続けます。そして将来的に埋没毛色素沈着を起こしてしまう一因になるのです。

これらの脱毛による肌トラブルのリスクを軽減するためには、脱毛前後のスキンケアが非常に重要となります。そこで、次の項目では家庭用の電動脱毛器使用前後にお勧めしたいスキンケア法を手順に添ってご紹介します。

電動脱毛器使用前後のスキンケア方法

女性の足 すべすべ

肌への負担を減らしてトラブルを防ぐための方法は大きく分けて2つあります。順番に見ていきましょう!

毛穴を開いてから脱毛器を使う

脱毛を行う前は、入浴やホットタオルで毛穴を開いて脱毛の際にできるだけ負担をかけないようにしましょう。締まった状態の毛穴よりも、開いた状態の毛穴のほうが毛が抜けやすく、周りの皮膚にかける負担も軽くなるためです。

草むしりをするときも、晴れ続きの日より、雨上がりの方が抜きやすいですよね。そんなイメージをもってもらえると、いいと思います!

使用前後は保湿ケアも欠かさずに

毛穴を開かせるために肌を温めることは必要ですが、その反面、温まった肌はとても乾燥しています。乾燥した肌は、少しの刺激でも敏感に受け取ってしまい、後々のトラブルを引き起こすダメージの蓄積に繋がります。そのため、電動脱毛器を使う前はボディ用のローションやクリームでしっかりと保湿するようにしましょう。

また、脱毛後は開いた毛穴を引き締めることも大切です。毛穴が開いたままの状態では毛穴に様々な細菌が入り込みやすく、皮膚感染症や炎症の原因となってしまいます。

毛穴の引き締めにはアイシングが有効です。アイスノンや冷やしタオルで脱毛部位を十分に冷やしましょう。さらにその後、もう一度しっかりと保湿を行い、肌の乾燥を防ぐとともに細菌への抵抗力を高めてください。ダメージへの補修力も保湿によって高められますよ。

これらのケアは正直、面倒で省いてしまいたくなるものです。しかし、毎回きちんと行うことで脱毛効果や美肌効果を格段に上げることができます。後悔しても取り戻すことはできないので、コンスタントに取り組むよう心がけてくださいね。

もし肌トラブルを起こしてしまったら?

脱毛が原因の場合もそうでない場合も、出来物や赤み、痒みなどの肌トラブル症状が表れていたら、その箇所への電動脱毛器使用は控えてください。ただでさえ弱っている肌に、脱毛器でさらに刺激を与えてしまうと、症状が悪化してしまうからです。

肌トラブルの治療法としては自然治癒力に任せる方法と皮膚科への通院の2つが挙げられます。

自然治癒をするときのポイント

自然治癒の場合は、その効果をフォローアップするためにスキンケアをいつもより丁寧に行うことがお勧めです。汗をかいたら小まめに清潔な水で濡らしたタオルで拭き取るなどして清潔を保ち、さらに添加物などの不純物を含まない保湿液を優しく塗るりましょう。

雑菌が悪いから、と頻繁に石鹸やボディソープで洗ったり熱いお湯を当てたりしてしまうと、今度は肌表面の保護に必要な組織・成分も取り除いてしまいます。過敏になりすぎず、負担より+αくらいのケアにとどめてみてください。

皮膚科に通うのが早くて確実

皮膚科に通院する場合は、症状に合わせてステロイドや軟膏などの塗り薬・内服薬が処方されます。通院の手間や時間、診察料などは多めにかかりますが、早く確実に皮膚トラブルを治したいのであれば、通院が一番の方法です。

家庭用の電動脱毛器は正しく使えば便利!

これまでに電動脱毛器を使用したことがある人にも、これから使い始める人にも、少しでも参考になる情報はありましたか?ポイントさえ押さえておけば、家庭用の電動脱毛器はどんな脱毛法よりも手軽で経済的な方法です。

学校や仕事、プライベートが忙しく、時間やコストを抑えて美肌を目指したい方はぜひ試してみてください。綺麗なツルスベ肌を手に入れれば、自然と自信が持てるようになり、お洒落もどんどん楽しめるようになりますよ♪


↑サンプル記事ここまで

コメント

SNSフォローボタン

りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました