スタークロッシェの麻ひもトートバッグ☆かぎ針編み&コクヨで☆

かぎ針編み

こんにちわ!りうなです。

先日こちらのブログが念願のSSL登録されました!アドレスバーの左端が南京錠マークになっていますよ。サイト運営などに関する情報はツイッターアカウント(@manafknit)で随時発信しています♪

さて今回は、何年か前に自分で編んだコクヨ麻ひものトートバッグを紹介します。春夏に活躍してくれるアイテムで耐久性もとても高いので、お出かけ好きさんに特にオススメです!

かぎ針で麻ひもトートバッグを作りました!

コクヨ麻紐のスタークロッシェトートバッグ

暖かくなってくると麻素材の服や小物がどんどん店先に登場してきますよね。

編み物界隈でも夏はやっぱり麻が人気。ここ数年でブームとも言えるほど盛り上がっているのが、麻紐のバッグです。

ショルダーでもハンドバッグでも可愛いのですが、私は雑誌やお弁当も入れたかったので、トートバッグ風にしてみました。

狙い通り、お出かけにも図書館にも子供との公園にも使えていい感じですよ♪

編み図は無し!材料はコスパ重視のコクヨ!

でも麻の糸って原材料によって値段がピンキリなんです。

麻紐はその中でも特に安価な分類でしょう。身につけるものにはオススメできませんが、バッグやマットなど、しっかりした編地のほしい作品とは好相性です。

こちらのコクヨ麻ひもは本来、荷造り用に販売されている商品ですが、コスパのいい麻素材として多くのニッターさんに編まれています!

ハンドメイド用の麻ひもよりも毛羽が出やすい点が難ではありますが、自分用なら私は気にならない範囲でした。

ホームセンターや文具店で小巻きの麻ひもは売っていますが、なるべく糸替えをしないほうがバッグの耐久性が上がります。さらに糸処理の手間も抑えられる、コスパもいいので送料をかけてもネットで注文する人が多いです。

麻ひもバッグの編み図は?

本やネットで探すと麻紐バッグの編み図も見つかりますが、私は細かく目や段を数えるのが得意ではないので、適当に自分の好みで編みました。なので、編み図はなし!です。

↓ しっかり編み図を見ながら編みたい方は、こちらの自作編み物マーカーがオススメです。

底の部分だけ、増やし目がアンバランスだと平べったい形に仕上がらないので注意しました。

底編み時のポイント手順
  1. 細編みで仕上がりイメージの半分くらいの作り目を編む
  2. 両端をそれぞれ2~4目増やしながら、希望のサイズになるまでグルグル編んでいく
  3. 増し目なしでグルグル編むと徐々に縦にのびる

この方法なら難しい計算やマーキングなどをしなくてもそれなりの形に仕上がるので、オススメですよ♪

アクセント模様にスタークロッシェ編み

コクヨ麻紐のスタークロッシェトートバッグ

すべて細編みの麻紐バッグもシンプルで可愛いですが、せっかくの自作なので好きな模様編みを取り入れてみました!

スタークロッシェは2段で1模様のちょっと変わった編み方。編地がしっかり厚めになるので、小物作りにピッタリです。

模様編みを入れる位置なども、編みながら自分で適当に考えました。

真ん中よりは上で。でも1本だと寂しいから2本入れてみようかな?ある程度の間隔はあったほうがスッキリするかな。なんて。

お手本通りに編めたときの達成感もハンドメイドの楽しみですが、行き当たりばったりの完全オリジナルで作業を進めるのも、ハンドメイドだからできることですよね♪

完成したスタークロッシェの麻ひもトートバッグはヘビロテ中☆

コクヨ麻紐のスタークロッシェトートバッグ

今年で使い始めて3年目になりました!1年目はコロコロ必須だった毛羽も、今では全く気にならないレベルになりましたよ。

リッチな本革アイテムのように、数年スパンで育てて楽しめるアイテムかもしれませんね^^こちらはコスパアイテムですが笑

持ち手は編み付けず、別に編んだコードを通しています。しっかりした編地なので伸びて抜けてしまうようなことも全くありません!絵本を数冊入れて持ち歩いても問題なしでしたよ。

サマーヤーンの作品もぜひ!

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする
タイトルとURLをコピーしました