ワンダーコットンの三角ショールを棒針で編みました!

棒針編み

夏でも編み物は休まないりうな(@manafknit)です!

とはいえ、もともと手が遅いので…。ワンダーコットンの三角ショールは5月の連休明けから編みはじめて、夏休みが終わる週に完成しました^^;

ということで、制作&完成レポを書いていきますね。

段染め糸を使ってみたい人、棒針で三角ショールを編みたい方の参考になれば嬉しいです♪

ワンダーコットンってどんな糸?

大手手芸用品店の 公式ユザワヤ さんから販売されているサマーヤーンです。

  • コットンとアクリルが50%ずつ
  • 1玉200gで長さは800m!
  • かぎ針は3/0~4/0号、棒針は4~6号が推奨
  • ロングピッチの段染めでグラデーションは8つ
  • 4本取りでヨリはほぼなし

とても肌触りがいいので、ショールやカーディガンにオススメ。とても1,000円前後とは思えない優良コスパです◎

人気の糸なので売り切れていることも少なくありません…。公式の通販サイトや楽天市場、ヤフーショッピングで販売されています。

同シリーズの秋冬糸はワンダーウール

楽天市場2号店が2,000円ちょっとで送料無料なので一番オトク♪

ワンダーコットンを買いそびれてしまった方は秋冬糸からチャレンジしてみてもいいかもしれませんよ。

完成した三角ショールお披露目♪

800mの結び目なしの糸だったので、一度も糸替えなしで完成しました。

テロンとした素材感と、グラデーションのいろがとても綺麗^^

大判なので胸元で結うこともできます!棒針の編地ならではの伸縮性もいい感じです。

グレーのアイロン台にかけて撮ったのでグラデーションが消えてますが笑

首元から編み始めたので、首元がホワイトで、裾に向かって濃くなっています。

肩にかけるとお尻まですっぽり隠れるのでパンツにもスカートにも合わせやすい!軽いので持ち歩いて、冷房対策にも便利。

ベースの編地は透かし編み模様と裏メリヤス編みのボーダー模様です。

透かし編みは三國万里子さんのエッフェルタワーのショールからお借りしました。本家のショールも可愛くてチャレンジしたことがあるのですが、糸切れで断念しました…。

ワンダーウールで編んでも可愛いかもしれないですね♪

実は一度失敗しています…

実は、この三角ショール、7,8割編めたところで一度半分まで解いたんです^^;

そのときすごく大変だったのが、解いた糸の巻取りの難しさ…。長い一本の糸なので、玉巻き器では混きれなかったんです。

手巻きが得意ではないので、見た目はもちろん汚いし、きれいに巻けていないので編むとき絡まってるし、散々でした。

よく聞く製麺状態。

なので編み直しは1回目よりも手間暇かかってます笑

ケバとかの糸の劣化は特に気にならなかったかな。棒針だったからかもしれませんが。埃っぽくなることもなかったです。

編み直しした理由は?

編み直し前の編み地。透かし模様が左右でズレているんです^^;

言われないと気にならない程度だと思って無視して編み進めたのですが、ど~しても自分自身が気になってしまって。

気に入らない作品は完成しても使わない!!と思ったので、意を決してほどきました。

編み直ししている間は「やめておけばよかったかも…」と思う瞬間もありましたが、完成してみると、がんばってよかった!の一心です。

夏秋にどんどん使います♪

スーパーや飲食店ってどうしても外より寒いですし、子供向けのプレイスペースも走り回る子どもに合わせてあるから冷房効いてたりしますよね。

そんなときにこの三角ショールがあると、サッと羽織ったり、膝にかけたりして対策できるので便利です♪

子どもが昼寝しちゃったときも活躍してくれました!

他にもサマーヤーンの棒針作品を紹介!

サマーヤーンの編み物は他にもいくつか載せているので、よかったら見てみてください^^

SNSフォローボタン

三浦りうなをフォローする